「場数を踏めば、あがり症は克服できる」というのはウソ

場数を踏めば、あがり症は克服できる

よく耳にするセリフです。

でもそれはウソ。


こんなふうに言う人は、人間が本来持つ「緊張」と「あがり症」を混同して認識している場合が多いです。

単なる緊張は、誰もが持つもので、経験を積めば軽減します。

しかし、あがり症は、緊張を経験するほど、滞在意識にストレスが溜まっていきます。

つまり、軽減するどころか、ひどくなる可能性が高いのです。

単なる緊張とあがり症を混同している人が多いのが現状です。


『気にしなければ良い』 というアドバイスは全く効かない。


あがり症でない人は、「あがり症」のことを重く考えていません。

気にしなければ良い」「普段通りやれば良い」など無責任なことを言いますが、

あがり症の人には効きません


なぜなら、滞在意識に溜まったストレスに対し、

意識で「気にしない」「普段通りに・・・」などと言っても、

滞在意識まで言葉が届かないからです。

詳細⇒ あがり症克服法プログラム
あがり症克服プログラムサンプル動画が見れます。
葛城先生の朴訥とした語り、おもしろいイントネーションで癒されてください。

関連記事

  1. ピアノの発表会で緊張しない方法?
  2. 緊張する動画
  3. 面接でのあがり
  4. 緊張を解く魔法のフレーズ(1)
  5. 緊張しないためには、会場を下見する
  6. あがりを吹っ飛ばすのに最も大切なこと
  7. 緊張しないで笑顔になる方法
  8. 羞恥心の克服について
  9. テスト本番で緊張してしまう
  10. あがりやすい人はこんな人
  11. 金井英之先生てどんなおじさん?
  12. 緊張を、頭で考えて解消しようとしても無理なんです
  13. 葛城利雄先生のことば(あがり症克服プログラム)
  14. 西武ライオンズ岸孝之投手の場合
  15. 葛城式あがり症克服プログラムの効果とは?
  16. あがり症は『薬で解決』できない
  17. あがり症同盟がくれる安堵感
  18. あがり症・赤面症・多汗症を克服する方法
  19. 本番で実力を出す方法(金井さんの無料レポート)
  20. 緊張をほぐす方法ランキング
  21. 超あがり症の私でもセミナー講師になった話
  22. 誰にも知られずあがり症を治す方法
  23. ピアノの発表会の緊張
  24. 本番に超弱いです
記事一覧