緊張を、頭で考えて解消しようとしても無理なんです

緊張を、頭で考えてなんとか解消しようとしても無理なんです


● ほとんどの方が、頭(意識)で考えて緊張をなくそうとしています。

例えば、

・普段通りにやろうと自分に言い聞かせたり、

・震えないようにしようと考えたり・・・

・落ち着こう、落ち着こうと思ったり、


これらを意識して、緊張はなくなりますか?


経験があると思います。緊張はなくなりません。

なぜ緊張はなくならないのか?


それは、緊張というものは、無意識の条件反射のようなもので、

条件(人前に出る、大勢の中に入るなど)がそろえば、

反射的に緊張するようになってしまっているからです。


つまり、頭ではなく、もっと深い部分、

滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できないのです。

これをわかっていなくて、意識で解決しようとするから、

いつまで経っても改善されることはなく、
見当違いともいえる工夫や努力を繰り返してしまうのです。


● 悪循環がさらにあがり症を深刻にする

このような悪循環を体験していませんか?

緊張していると周りに知られてしまうのが辛い

緊張したらどうしよう
↓(かえって不安がつのって)
緊張してしまう

そして、緊張していることが周りに知れ渡り、頭が真っ白になってしまう。

後で、緊張してしまったことを1人で何度も思い返して胸が苦しくなる。


さらに緊張していることが周りに知れるのが恐くなる

・・・


このような緊張・失敗・反省・不安増加の体験を繰り返していくと、

滞在意識にストレスがたまっていきます。


そして、滞在意識にストレスが溜まると、条件反射的に緊張しやすくなるのです。


詳細⇒ あがり症克服法プログラム
あがり症克服プログラムサンプル動画が見れます。
葛城先生の朴訥とした語り、おもしろいイントネーションで癒されてください。

関連記事

  1. ピアノの発表会で緊張しない方法?
  2. 緊張する動画
  3. 面接でのあがり
  4. 緊張を解く魔法のフレーズ(1)
  5. 緊張しないためには、会場を下見する
  6. あがりを吹っ飛ばすのに最も大切なこと
  7. 緊張しないで笑顔になる方法
  8. 羞恥心の克服について
  9. テスト本番で緊張してしまう
  10. あがりやすい人はこんな人
  11. 金井英之先生てどんなおじさん?
  12. 「場数を踏めば、あがり症は克服できる」というのはウソ
  13. 葛城利雄先生のことば(あがり症克服プログラム)
  14. 西武ライオンズ岸孝之投手の場合
  15. 葛城式あがり症克服プログラムの効果とは?
  16. あがり症は『薬で解決』できない
  17. あがり症同盟がくれる安堵感
  18. あがり症・赤面症・多汗症を克服する方法
  19. 本番で実力を出す方法(金井さんの無料レポート)
  20. 緊張をほぐす方法ランキング
  21. 超あがり症の私でもセミナー講師になった話
  22. 誰にも知られずあがり症を治す方法
  23. ピアノの発表会の緊張
  24. 本番に超弱いです
記事一覧