緊張しすぎるならまずデモ取引き

緊張をしすぎると間違いを犯しやすくなることは多いです。
自分が自分でなくなり、落ち着いて考えればできることがとんちんかんになってしまう。
これはお金を動かす投資でも同じ。
緊張で判断を間違えるタイプのあなたは、最初からお金を使うのは待ちましょう。


まずは仮想通貨を使ってデモ取引をします。
デモ取引は株で勝つために有効的な手段です。ルールも考え方もからだに入っていないのに、いきなりお金を使うのは飛んで火にいる夏の虫!
あれよあれよという間にお金が減っていき、勉強にもなりません。敗北感だけが残ります。

デモ取引なら、
株の基礎知識、やり方を学べる/失敗してもリスクがない/色々な運用スタイルを試せる
という大きな利点があります。
色々な運用スタイルというのは、本番なら自分の知っているスタイルしかとれないけれども、デモだから余裕で試して負けることができるというわけ。

逆に良くないのはデモなので本当の緊張感がないこと。
これは自分のイマジネーションでカバーしましょう。手がぷるぷる震える感じですね。

デモ取引のあいだに緊張感のコントロール力もアップしていきましょう。


関連記事

  1. ピアノの発表会で緊張しない方法?
  2. 緊張する動画
  3. 面接でのあがり
  4. 緊張を解く魔法のフレーズ(1)
  5. 緊張しないためには、会場を下見する
  6. あがりを吹っ飛ばすのに最も大切なこと
  7. 緊張しないで笑顔になる方法
  8. 羞恥心の克服について
  9. テスト本番で緊張してしまう
  10. あがりやすい人はこんな人
  11. 金井英之先生てどんなおじさん?
  12. 緊張を、頭で考えて解消しようとしても無理なんです
  13. 「場数を踏めば、あがり症は克服できる」というのはウソ
  14. 葛城利雄先生のことば(あがり症克服プログラム)
  15. 西武ライオンズ岸孝之投手の場合
  16. 葛城式あがり症克服プログラムの効果とは?
  17. あがり症は『薬で解決』できない
  18. あがり症同盟がくれる安堵感
  19. あがり症・赤面症・多汗症を克服する方法
  20. 本番で実力を出す方法(金井さんの無料レポート)
  21. 緊張をほぐす方法ランキング
  22. 超あがり症の私でもセミナー講師になった話
  23. 誰にも知られずあがり症を治す方法
  24. ピアノの発表会の緊張
  25. 本番に超弱いです
記事一覧